TOP 事業紹介 相談内容

相談内容

「子どもの心理相談室」では、子どもたちの「こころの問題」から、養育上の不安、悩み、あるいは家族関係の問題に対して、心理面接を行っています。具体的な相談内容は次のとおりです。

性格、行動について

落ち着きがない(多動傾向)・自閉的傾向がある・不安が強いなど

発達の問題について

知的な遅れの心配・学習の心配など

社会性について

友人とうまく遊べない・人に対して暴力的など

ことばの発達について

ことばが遅い・どもるなど

癖(くせ)について

指しゃぶり、爪かみ・チックなど

生活習慣について

食事の問題・排泄、睡眠の問題など

幼稚園、学校生活について

不登校(園)・集団になじめないなど

子育てについて

子どもにうまく対応できない・子どもに手をあげてしまう・養育の不安など

親子関係、対人関係について

家庭内、家族間での諸問題

※この他、おとなのこころの問題については、こちらをご覧ください。

近年、子育てに悩むお母さんたちが、その悩みを相談する機会がないため、ますます問題解決に苦慮している場合があります。本相談室では、そのような悩みを持つお母さんたちとともに問題を考えて参ります。お気軽にご相談ください。相談方法等につきましては、相談室概要ページをご覧ください。